必死になって婚活をするその先にあるもの

どういうわけか、世間的にどんなにキャリアがあっても、結婚していないと人として何か欠陥があるのではないか?
などと思われてしまう昨今です。
女性の社会進出も著しく、男性に頼らなくとも自立した生活を営んでいる女性たちですが、やはり一生一人で生きていくのは寂しいものです。
私の友人達もアラフォーになった今、必死に婚活をしています。
年齢的に合コンへのお誘いはほとんどなくなり、唯一の頼みの綱は既婚者の友人夫婦からの紹介です。
我が家も例外ではなく、主人の友人を何人も私の女友達に紹介しました。
紹介したまではいいのですが、結局その先に話を進めるかどうかは、本人たちにかかっています。
最初は軽い感じで出会っても、年齢が年齢ですので女性側は当然結婚を意識します。
でも、難しいことに男性の多くは、やはり若い女性を好むのです。
男友だちに聞いたところ、本音を言うとせめて35才までがリミットだそうです。
この事をそのまま婚活中の女友達には、とても酷で言えませんでした。
どんなに綺麗にしてファッションやヘアーにかまっていても、やはり実年齢を知ると男性は引いてしまうのだなと思った瞬間でした。
もちろん例外もあります。
そもそも人は、その人の年齢を見て好きになるわけではないですから。
友人の中にも、40代の女性と20代前半の男性がつい最近結婚しました。
女性はずっと婚活をしてきましたが、結局結婚した相手は自分の兄弟の友だちだったのです。
総合して考えると、結婚はやはり縁なのだと思います。
リラックスしてゆったり構え、毎日を楽しくハッピーに過ごしていれば、きっと運命の人に出会えると私は思います。

Comments are closed.