現代社会の婚活という常識

婚活といえば結婚を熱望する人のものと思われがちですが、現代社会においてはもっとも一般的なものになりつつあります。
従来なら近所のおばちゃんや親戚の人がお見合い相手を紹介してくれる。
というセーフティネットがありましたが、現代ではほぼ期待できないですよね。
女性の社会進出が目覚ましく、男性と変わらないほど仕事のできる人も少なくはありません。
それに代わって、男性でも契約社員だったり定職に就けなかったりとステイタスの低い方も多くなり、正社員で働いていても死ぬまで安泰という方は少ないでしょう。
こんなことから男女双方の結婚相手に対する条件が厳しくなってきたことが、若者の結婚事情を厳しいものにしている一因であります。
本来ならば恋愛を経て男女がお互い納得のいく相手と一緒になるのが一番ですが、条件が高じていることもあって、「なかなかいい人に出会えない。」
という現象が起きているのです。
ですから、理想の条件を満たす結婚相手を見つけるために結婚活動が必要になるのです。
そしてこれは、従来のお見合いとは似て非なるものであるというのは間違いありません。
もっとカジュアルで簡単なものです。
たとえば、友人のパートナーの友達とみんなで食事に行きます。
これも婚活であるといわれています。
より多くの異性と接触し、自分の理想を満たすパートナー探しをします。
お互いの納得のいく条件をそれぞれが持ちお互いにお互いを精査するのです。
これこそが現代の結婚を熱望する若者の活動なのです。

Comments are closed.